禿漫画読書録

禿が読んだ漫画について感想を述べていきます

カレー沢薫先生どうしたんですか!?「きみにかわれるまえに」

無類の猫好きのカレー沢薫先生による、すべてのペット好きに贈る「きみにかわれるまえに」を紹介します!

きみにかわれるまえに

きみにかわれるまえに

あらすじ

ギャルはペットショップで伽悪栖(キャオス)と出会う。

ギャルは思った以上に伽悪栖にお金がかかることに驚いたり、伽悪栖を飼っていることが理由で玉の輿を逃したりしつつも、伽悪栖の世話を続ける。ある日、夢に伽悪栖が出てきて…。

(第1戎 きみの生涯はだいたい10年から15年です。でも私は80年ぐらい生きます。きみと別れてからも、私の人生は長く続きます)

見どころ

デビュー作のクレムリンからだいぶ遠くに来てしまった(いい意味で)、カレー沢薫先生の大ヒット作です。

Twitter でめっちゃ感想が流れてくると思ったら、全部先生のリツイートでした。エゴサ乙です、先生。

カレー沢薫先生はクソギャグ漫画(褒めている)からエッセイ、そして最近はペット・終活のシリアス系とマルチに活動していて異才なのですが、クソギャグ漫画(褒めている)系が最近でてこなくて寂しいです。新海誠が「君の名は。」でメジャー(?)デビューしてしまったときの往年のファンってこんな感じでしょうか。

「きみにかわれるまえに」は17の短編で構成されていて、そのそれぞれでペットと飼い主の関わりが描かれています。

ペットを飼うことについての良い面を描きつつも、「良いことだけじゃないよ」というメッセージが伝わってきます。

なので、本作はぜひ GACKTにはぜひ読んでもらいたい ですね(時事ネタ)。