禿漫画読書録

禿が読んだ漫画について感想を述べていきます

あの幼なじみがこんなに可愛いわけがない「幼なじみになじみたい」1巻

久しぶりにあった幼なじみが可愛くなっていた系の「幼なじみになじみたい」1巻のご紹介です。

あらすじ

大学の理工学部の「富士見野大助」は、幼なじみの「日野まつり」と待ち合わせをしていた。

待ち合わせ時間の少し前、かわいい女子に道案内を頼まれるが実は…

見どころ

がさつだった幼なじみが可愛くなって再会とか、ワニマガジンの成人向けでは1億回ぐらい繰り返されたパターンですね。あと「異世界おじさん」もあります。ええ、好きですとも。

舞台は青森で、コミックではエピソードの間に大光寺先輩が青森ネタを挟んできます。りんご食え。

基本的に出てくるキャラクターは大助、まつりと大光寺先輩の3人のトライアングラーな配置です。

大助はボクシングやってて勉強熱心で、性格も実直なので同性からも普通に好感がモテるタイプです。まつりは容姿が可愛くて、性格はぽんこつかわいい感じですね。大光寺先輩はエロ可愛いタイプです。

新挑限先生はキャラが目が逆かまぼこになる特徴的な描写があるのが気に入っていて、それは「幼なじみに馴染みたい」の次の作品の「じいさんばあさん若返る」にも引き継がれています。

まつりにはもうちょっとオシャレしてほしかったかな〜。